顔に若々しさ取り戻すボトックス注射|副作用もきっちり理解する

ドクター

製剤も含めて選ぶ

カウンセリング

事前に情報を集める

様々な美容整形外科がありますが、ボトックスも手軽にできる施術であるため施術の要望も高く、いろんな場所で行なわれています。自由診療であることもあり、美容整形外科によって様々な料金が設定されています。そのため、できるだけいろんなクリニックを調べてみて、その中から自分の目的に合ったクリニックや製剤を選ぶべきです。使われている製剤についても多くの種類がありますので、クリニックで使われている製剤によって施術を受ける場所を決めるという人もいます。製剤の中には、認定医がよく使っているものもありますので、評判の良い製剤についてあらかじめ調べておくことが大事になってきます。

様々な副作用

製剤によって選ぶことも大切ですが、やはり一番良いのが評判の良いクリニックについて調べることです。ボトックスは少なからず副作用が生じる製剤なので、その対策もしっかり行なってくれるクリニックだと安心でしょう。気になる副作用の一つとしては、顔に注射をすると表情が硬くなってしまうのではないかということです。表情筋は怒りや笑いという豊かな表情を作り出すのに必要な動きをします。しかしボトックスによって動きを弱めることで、表情筋の動きが鈍ります。そのためしわ対策にも使われるのですが、これが豊かな表情のためには逆効果だといえます。そのため、適度な量を注入する技術が医師には求められるのです。その他の副作用としては、アレルギーが出てしまうということがあります。重篤な状態になったという報告はされていませんが、万が一のことも考えて、自分がもっているアレルギー体質のことは医師に伝えておく必要があるでしょう。しっかりアフターケアもしてくれるところであれば、アレルギー作用が起きたときの対処もしてくれるので安心でしょう。

医師との相談

ボトックス施術を受ける際の大事なことといえば、やはり頼れる医師がいる病院を探すということです。良い医院を選ぶ基準は、厚生労働省から認可を受けた製剤を使っているかどうかということ、症例が多数あるかどうかです。加えて、症例写真を見てみて、良い施術をしているクリニックを選ぶようにしましょう。自信のあるクリニックであれば、医師の名前や顔写真と、施術した例を多くインターネットサイトに掲載しています。ボトックスの副作用を避けるためにも、そういった情報を得るようにしましょう。